07eed021e9bf829cd85be1e74e7ce2de_s

基本的な考え方

 

わからない~

相続で財産をもらう人や相続財産の分け前ってどうやって決めるのかな?

遺言書とか法定相続分という単語を聞いたことがあるかもしれないけど、優先順位を説明すると、

 

財産をもらう人の決まり方:

遺言書で指定された人>法定相続人

 

財産の分け方:

遺言書で指定された分>相続人同士の話し合い>法定相続分

 

ただし、相続人は遺留分に満たない分を、財産を多くもらった相続人に請求できる(遺留分減殺請求)

 

だよ。

順番に説明するね。

 

遺言書とは

 

遺言書というのは、自分の財産について、自分が亡くなった後の帰属先を自分の意思に基づいて記した文章だよ。

故人の遺志をできるだけ尊重しようという趣旨から、財産をもらう人の決め方でも財産の分け方でも遺言書が最も優先されるんだよ。

厳密にいうと、遺言書によって財産を承継させることを遺贈と言って、相続(=亡くなった人の財産がその人と一定の身分関係にある人に承継されること)とは異なっているんだ。

具体的には、相続人(後述)になれるのは、亡くなった人(被相続人)と一定の身分関係にある人に限られるんだけど、遺贈では、財産をあげる人に、相続人を指定することもできるし、相続人以外の人も指定することができるんだよ。

もちろん、遺贈でもらった財産も、相続税の対象になるからね。

 

 基本

なるほど!じゃあ遺言書できちんと決めておけば文句を言う余地が少なくなって、トラブルは減りそうだね

わからない~

でも日本だと遺言書はあんまり一般的じゃないから、遺言書がないケースも多いんじゃない?

次に遺言書がないケースや遺言書で指定された財産以外の分け方を説明するよ。

 

法定相続人とは

 

遺言書がないケースに備えて、民法では誰が亡くなった人の財産を相続できるのか(=相続人になれるか)を定めてあるんだよ。

全く何も定められていないと、親族の間でトラブルが起きたり、無関係の人が入ってきたりして、財産分けができなくなってしまうかもしれないからね。

この、民法で定められた相続人のことを法定相続人と言って、亡くなった人(被相続人)と婚姻関係のある配偶者と、血のつながった、直系尊属()、兄弟姉妹が法定相続人になる可能性があるんだよ。

 

 基本

ふーん、遺言書がなくても、法律で決まっていれば相続人は確定できるんだね!

法定相続分とは

 

遺言書がなかったり、すべての財産が遺言書で指定されていなかった場合に備えて、民法では財産の分け方についても定めてあって、この民法で定められた相続分を法定相続分といんだよ。

とはいえ、法定相続分は必ずしもこの通りに分けなくてはならないというものではなく、一つの目安として定められているからね。

なので、遺言書がない場合や、遺言書で指定されていない財産の場合には、相続人の間で話し合って、全員が納得したうえで、財産の分け方を決めることになるんだよ。

 

わからない~

法定相続分よりも話し合いの方が優先されるんだね。
でも、ということは、もめちゃうかもしれないんじゃない?

財産は必ずしも分割できるとは限らないし、個々の事情によって配分を変えられるように、話し合いで、ということになっているんだけど、その代わり、話し合いがまとまらなくなることもあり得るよ。

だから、自分が亡くなった後に相続人たちが争ってしまうのを防ぐためには、遺言書を作っておくことが重要だよ。

 

わからない~

結局話し合いで決めるんだったら、法定相続分なんてどうでもいいんじゃない?

それがそうでもないんだよ。この後に説明する遺留分は法定相続分をもとに計算するし、相続税の計算をするうえでも必要になるから、法定相続分は把握しておくべきだよ。

 

遺留分とは

 

遺留分というのは相続人が必ず相続できる最低限の相続分のことで、仮に遺言書による指定された自分の取り分が少なかったり、全くなかった場合においても、自分の遺留分に満たない分を他の相続人に請求できる(遺留分減殺請求)んだよ。

ただし、法定相続人のうち遺留分が認められているのは、配偶者、子、直系尊属で、兄弟姉妹には認められていないんだ。

 

わからない~

そんなものがあるんだ!でもその場合、亡くなった人の意思とは違う分け方をすることになるんじゃない?

もちろん、亡くなった人は自分の財産について、自分の好きなように継がせる権利があるのだけれど、その一方で、その周りの親族たちにもその人の財産により生活の安定を図りたいと思うだろうし、相続による公平な分配を期待しているからね。

この遺留分制度は、被相続人(亡くなった人)の財産処分の自由を認めつつ、被相続人と親しい関係にある法定相続人の生活の安定等を守るためにあるんだよ。

 

わからない~

ということは、遺言書があっても後から揉めちゃうかもしれないんじゃない?

さっきから揉めるのにこだわるね。そのリスクに備えて、遺言書を作成する場合は、遺留分を考慮して作る必要があるんだよ。

 

 基本

財産は遺言書が最優先され、遺言書が無い場合は法定相続人が相続し、分け方は話し合いで決めるんだね
そして、遺留分に満たない部分は多くもらった人に請求できるんだね
わかったような気がする!

ありがとう

今日も読んでくれてありがとう